Category

Event

どうしたら世界に向けて本を出版できるのか?

田口ランディ&近谷浩二の世界友情計画

日時:11月23日(金・祝) 16:00-17:30
*15:30開場(アトムCSタワーB1、イベント受付にお越しください)

会場:アトムCSタワー
14年以上、ともに海外を見据えて活動を共にしてきた田口ランディと近谷浩二が、「どうしたら世界に向けて本を出版できるのか?」「世界の出版はどんな情況で、世界の作家は何を考えていて、世界に出て行くと何が起きるのか?」を語る。 プログラム:信頼関係がすべての始まり/世界は遠くて近い時代/友達の友達は友達だ!人脈でつながる世界の出版界/日本だけが市場ではない。世界を視野に小説を書こう。 出演者
田口ランディ(たぐち・らんでぃ) 1959年東京生まれ。「コンセント」「アンテナ」「モザイク」で人間の潜在意識と性や暴力の象徴的意味を描く。作品が海外でも評価され、アメリカ、イタリア、ルーマニア、中国、韓国、シンガポールなど多言語に翻訳される。「コンセント」「アンテナ」は映画化され、「アンテナ」はヴェネチア映画祭出展作品となる。その後は社会的な事件や、童話など、幅広く執筆。最新作「逆さに吊るされた男」(河出書房新社)は地下鉄サリン事件を題材に描いた私小説。 近谷浩二(ちかたに・こうじ) 1991年立命館大学法学部卒業。UCLA Extensionで映画製作の勉強をした後、全米映画 俳優組合員に。帰国後、(株)トランネットに入社し翻訳出版プロデューサーとして世界の書籍を取り寄せて日本語版をプロデュースするとともに、国内の本を海外、特に欧米諸国で翻訳出版することに注力。現在は日本人作家の海外でのブランディングにも従事。 http://jwh.trannet.co.jp 参加費 1500円 ご予約
Peatix 会場住所 アトムCSタワー:東京都港区新橋4-31-5 お問い合わせ先 問い合わせ/横里 隆 yokosato@uwanosora.co.jp 主催 横里 隆
 

田口ランディの「クリエイティブ・ライティングセッション」

国際文芸フェスティバルTOKYO特別版!

日時:11月23日(金・祝) 18:00-19:30
会場:アトムCSタワー
今回の国際文芸フェスのため特別に、ドネーションシステム(参加された方が払いたいと思われた分だけお支払いいただくシステム)によって、田口ランディの「クリエイティブ・ライティングセッション」を行います。これは、「どうやったら創造的でクリエイティブな状態になれるのか?」を、さまざまなワークショップを中心にひも解く、画期的な創作講座です。 出演者
田口ランディ(たぐち・らんでぃ) 1959年東京生まれ。「コンセント」「アンテナ」「モザイク」で人間の潜在意識と性や暴力の象徴的意味を描く。作品が海外でも評価され、アメリカ、イタリア、ルーマニア、中国、韓国、シンガポールなど多言語に翻訳される。「コンセント」「アンテナ」は映画化され、「アンテナ」はヴェネチア映画祭出展作品となる。その後は社会的な事件や、童話など、幅広く執筆。最新作「逆さに吊るされた男」(河出書房新社)は地下鉄サリン事件を題材に描いた私小説。 参加資格・定員
16:00からのランディさん近谷さんのトークイベントに参加した方限定。 定員30名(ただし、時間の都合で、実際にライティングセッションに参加いただく方は抽選で10名となります。20名の方は見学となりますので、あらかじめご了承ください) 参加費用 ドネーション ※参加された方が払いたいと思われた分だけ、当日お支払いいただくシステムです。 ご予約 Peatix ※当日16:00からのランディさん近谷さんのイベントに申し込まれた方限定となります。16:00からのイベントの申し込みが確定していない方は、こちらの申し込みが確定しても無効となります。 会場住所 アトムCSタワー:東京都港区新橋4-31-5 お問い合わせ先 問い合わせ/横里 隆 yokosato@uwanosora.co.jp 主催 横里 隆
 

ヨーロッパ文芸フェスティバル DAY1

開催日:11月23日(金)
会場:駐日欧州連合代表部
【詳細とチケット予約はこちらから】 主催 駐日欧州連合(EU)代表部 在日EU加盟国大使館 EUNIC-Japan(在日EU加盟国文化機関) 協力 一般社団法人リットストック 後援 J-WAVE
 

本屋の本音ナイト リターンズ

日時:11月22日(木)19:30〜22:00 *19:15開場
会場:SNOW SHOVELING BOOKS & GALLERY
このイベントは2016年に開催した「本屋の本音ナイト」の登壇メンバーがもう一度集まり、その後の本屋のこと、そして更にこれからの本屋事情をシェアーするアップデート版トークイベントです。前回参加なさった方は勿論ですが、初めてご参加いただく方でも楽しめると思います。 題して「本屋の本音ナイト リターンズ」は、インディペンデント系の本屋の店主やスタッフが集まり、本屋のあれこれ、開業、運営、やりがい、明るい話、暗い話、なんでも包み隠さず(隠したいことは隠してください)話し合う。そんな話を、本が好きな人、本屋を目指す人などとシェアしようというイベントです。登壇者の方と、参加者の方が直接コミュニケーションをとれる有意義な集まりにしたいと思っています。 出演者
林下英治(HADEN BOOKS) 三田修平(BOOK TRUCK) 鈴木美波(SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS) 高橋和也(SUNNY BOY BOOKS) 定員 30名程度 参加費 2,000円 (1ドリンクつき) ご予約 メール info@snow-shoveling.jp 件名「11/22 本屋の本音ナイト リターンズ 参加希望」  本文に、お名前/ご職業/メールアドレス/好きな本屋さんの店名を明記下さい。 ※事前にメールにてお申し込みいただいてない方は、満席の場合、入場できない場合がございます。 ※尚、この開催情報は当日までに多少の変更がある場合があります。その都度修正はいたします。予めご了承ください。 会場住所 東京都世田谷区深沢4-35-7 2C お問い合わせ先 info@snow-shoveling.jp 主催 SNOW SHOVELING
 

【イベントレポート公開】国境・言語を超えるブンガクとは?

伝説の編集者・翻訳者が語る、世界文学が生まれる現場

イベントレポートを公開しました。
イベントレポート①国境・言語を超えるブンガクとは? イベントレポート②国境・言語を超えるブンガクとは? イベントレポート③国境・言語を超えるブンガクとは? 日時:11月22日(木)19:00〜 *18:30開場
会場:日本出版クラブビル 3Fホール
「ニューヨーカー」誌で長年フィクション担当編集者を務めたリンダ・アッシャー。村上春樹の海外進出のきっかけをつくったエルマー・ルーク。伝説の編集者・翻訳者の豊富な経験から「他言語の作品をどうやって発掘し売り出すか?」「海外の翻訳事情は?」「あの有名作品はどうやって生まれた?」などなど、ここでしか聞けないとっておきの話を、翻訳も手がける作家・小野正嗣氏が引き出します。
  誠に残念ながら、リンダ・アッシャー氏は都合により来日できなくなりました。 楽しみにしてくださっていたみなさまにお詫び申し上げます。 当日は、追加ゲストとして、日本文学を英語に翻訳紹介しているアルフレッド・バーンバウム氏、ジュリエット・ウィンターズ・カーペンター氏にご登壇いただき、イベントを開催いたします。 出演者
エルマー・ルーク Elmer Luke (編集者) ニューヨークと日本の出版社を経て、現在フリーの翻訳者・出版プロデューサー。英語版『羊をめぐる冒険』を編集し村上春樹を英語圏に紹介したことをきっかけに、日本の現代作家を数多く紹介するように。日本文学の英訳を最も多く編集している編集者。ニューヨーク近郊在住。
小野正嗣(作家・翻訳家) 1970年生。『にぎやかな湾に背負われた船』で三島由紀夫賞受賞。『九年前の祈り』で芥川賞受賞。その他の作品に『夜よりも大きい』、『獅子渡り鼻』、『水死人の帰還』、『ヨロコビ・ムカエル?』など。訳書にマリー・ンディアイ『ロジー・カルプ』、アキール・シャルマ『ファミリー・ライフ』などがある。立教大学文学部教授。
追加出演者 アルフレッド・バーンバウム Alfred Birnbaum (翻訳家) 日本文学翻訳家、メディアアーティスト。30代で『羊をめぐる冒険』に出合って惚れ込み、出版のあてもないうちに英訳して出版社へ持ち込んだことから、一連の初期村上作品の英訳を手がけるように。他に手がけた日本文学に、池澤夏樹、宮部みゆきなど。
ジュリエット・ウィンターズ・カーペンター Juliet Winters Carpenter (翻訳家) 翻訳家、同志社女子大特任教授。1960年父と共に初来日。高校から日本語学習を始め、ミシガン大学ではE.G.サイデンスティッカー教授の指導を受け、日本語・日本文学研究の修士号取得。1969-70年にアメリカ・カナダ大学連合日本研究センターで学ぶ。1974年再来日し、神戸女学院などで教えた後、同志社女子大学教員となる。1980年最初の翻訳作品の安部公房作『密会』で「日米友好基金文学翻訳賞」を受賞。以来、俵万智の『サラダ記念日』をはじめ、難しいとされてきた司馬遼太郎の『坂の上の雲』など幅広い翻訳を手掛ける。2014年、水村美苗作『本格小説』の翻訳で再び「日米友好基金文学翻訳賞」を受賞。 チケット予約 *定員に達したため、お申し込みを締め切りました。 お問い合わせ先 info@litstock.jp 会場住所 東京都千代田区神田神保町1-32(神保町駅より徒歩2分) 主催 文化庁、一般社団法人リットストック
 

第12回ジェイン・オースティンの読書会 『説得』

祝!!オースティンの『説得』出版200年記念

日時:11月18日(日) 13:30~16:45  *受付 13:15~
会場:渋谷区にあるカフェ(渋谷駅徒歩7分) *詳細は参加者にメールでお知らせいたします。
今年は『説得』『説きふせられて』(Persuasion、1818年)出版200年記念の年。 主人公のアン・エリオットは華やかさや派手さはありませんが、彼女の品性や教養に惹かれる読者の方も多いと思います。オースティン作品の中でも一番穏やかで情愛の深い本作、秋に読む成熟した女性の恋心を『説得』で体験してみてはいかがでしょう。 参加費 各自の飲食代(デザートセットorランチセット)+個室代500円 ご予約 1.課題本の『説得』を読了、もしくは映画『説得』『説きふせられて』をご覧になった方が対象となります。 2.お申込みについて  a.「読書会に初めて参加される方」は、   下記URLの【参加規定】と【注意事項】の内容をご確認いただき、3.へ   
https://www.bookclubtofindhappiness.com/about_us  b.「2回目以降の参加の方」は、   直接下記のメールアドレスにメッセージをお願いいたします。   E-mail:bookclubtofindhappiness@gmail.com  c.「Facebookグループ「日曜午後、読書会」のメンバーの方」は、参加表明は、下記のいずれかでお願いいたします。   ・Facebookページの「参加する」をクリックする。   ・メールでお申込みする。    E-mail:bookclubtofindhappiness@gmail.com   ・グループのイベント投稿欄に表明のメッセージを記入する    ⇒場所の確認は、グループの投稿欄でお願いいたします。 3.下記の2つのいずれかでお申込みできます。(初めて参加される方)  ①2a.の[contact us]ボタンをクリック、記入事項を入力して送信。  ②メールで連絡されたい方は下記のメールアドレスにメッセージを送信願います。  E-mail:bookclubtofindhappiness@gmail.com 4.お申込み後の流れは、下記のURLをご参照願います。 https://www.bookclubtofindhappiness.com/contact_us ※本読書会は定員制を採用、会場施設への配慮から、当日の無断欠席、直前のキャンセルはご遠慮願います。 WEBでも募集中です。 https://www.bookclubtofindhappiness.com/ お問い合わせ先 https://www.bookclubtofindhappiness.com/ 主催 Book club to find happiness~日曜午後、読書会~
 

ZINE SONIC 2018

日時:11月17日(土)〜12月2日(日)
会場:BRICK AND MORTAR
駒沢のブックストア兼ギャラリーSNOW SHOVELINGと、中目黒のBRICK&MORTARが4年に渡り共同開催し、国内外のZINEを展示・販売するイベント「ZINE SONIC」。どこかで聴いたことのあるイベント名ですね。そして5回目となる今年は京都のMAGASINN KYOTOもキュレーションに参加し、京都を中心に関西方面のZINE MAKERの作品も並びます。
店内にはSALAD BAR ならぬ【ZINE BAR】を設置し、紙やコラージュ素材をはじめZINE作りに必要な材料がズラリと並び、その場で自由にZINEを作ることができるブースを期間中常設します。そんなつもりなかったけど、展示に感化されて「自分もやってみたい」と思ったら、初期衝動そのままに、その場で形にすることができます。
毎年実施しているZINE MAKER達によるZINEの「押し売り」は、各週末に行います。作家たちとの交流もお楽しみいただけます。 そのほかにもROOKIE A DO-DOブースが併設(イベント名と同じくネーミングは気にしないでください )。 試しにZINE作ってみましたという方、イベント期間中を通じて出展を募集しております。
その他オープニングレセプション、 SNOW SHOVELING店主の中村秀一とZINE MAKER達によるトークショーなどのイベントも企画予定です。詳しくは
BRICK&MORTARの公式サイトで発信してまいります。 会場住所 東京都目黒区中目黒1丁目4−4 1F お問い合わせ先 info@snow-shoveling.jp 主催 SNOW SHOVELING、BRICK&MORTAR